カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

販売店長

アテモヤ販売店長

沖縄県でアテモヤの栽培に奮闘しています。 アテモヤの魅力とともに沖縄の風土についても全国の皆様に伝わるよう頑張ります!

ブログ ツイッター




Feed

  • RSS
  • ATOM


2020.02.15
2020.05.02 追記

琉球放送RBC「ウチナー紀聞」でアテモヤなど沖縄の冬が旬の果物が紹介されました!

 
2020年2月16日11時に琉球放送RBCテレビ局による「ウチナー紀聞」という人気番組で「オキナワくだものがたり 〜今が旬のフルーツ〜」という企画が放送されました!

■ウチナー紀聞 2月16日放送 「沖縄くだものがたり」のサイト
http://www.uchina-kibun.com/archives/index.php?itemid=1343

マンゴーやパイナップル、スイカといった夏の果物だけじゃない!南国沖縄の冬から春は実り多くたくさんの果物が収穫されます。 昔から沖縄の地に根付くもの、最近から栽培されるようになったもの。色鮮やか実りの冬の味覚を届けるとともに、それを育てる生産者の想いを紹介する企画です。

今回紹介された果物は、アテモヤ、みかん、カーブチー、イチゴ、ジャポチカバです。
それぞれの農家を訪れて栽培風景や美味しい食べ方などが紹介されました!

■アテモヤ
取材先農家は中村果樹園(当ブログ筆者)です!
アテモヤ

施設栽培の栽培風景やアテモヤ農家になった経緯、両親の思いなどを紹介しました。
アテモヤ 中村果樹園その1

アテモヤ 中村果樹園その2

アテモヤ 中村果樹園その3

また、「DINING OUT RYUKYU-URUMA with LEXUS」にて中村果樹園のアテモヤを使っていただきました!の件についても紹介されました。

■みかん
沖縄本島北部の本部町伊豆味のみかん栽培が紹介されました。
みかん

沖縄県では台湾から取り入れたタンカンという品種や在来種のシークヮーサーやオートゥーなど多くの品種のみかんが栽培されているそうです。
タンカン

みかん各品種
近年は野鳥被害が増えてきているためネット掛けして対策しているそうです。
収穫シーズンになるとみかん狩りも楽しめるそうです!

■カーブチー
沖縄在来のみかんの品種で、”カーブチー”とは「果実の皮が厚い」という意味だそうです。
力強く清涼感のある香りが特徴とのこと。
カーブチーその1

カーブチーその2

(株)オキネシアさんではカーブチーを原材料としたアロマオイルやマーマレードなど多くの加工品を開発しているそうです!
カーブチー加工品


■ジャボチカバ
写真のとおり木の幹にブドウのような果実を実らせる珍しい果樹です!
ジャポチカバその1

ジャボチカバを栽培している沖縄県本島北部 金武町の前田園芸さんの説明によると、ポリフェノールやビタミンC、カリウムを豊富に含む瑞々しい果実とのこと。
ジャポチカバその2

果肉はライチのような食味で皮には酸味があり、クセが無く一度食べたらやみつきになるそうです!
いずれはジャボチカバのつかみ取り体験ができる観光農園にしたいとのこと!
ジャポチカバその3

金武町のリカモカカフェでは季節になると前田園芸さんのジャボチカバを使ったパイを販売しているそうです!
タームモンド ジャポチカバ


■イチゴ
近年は沖縄県においてもイチゴのハウス開発や冷蔵設備、品種育成が進んできて栽培農家が増えているそうです!
イチゴ

沖縄県本島北部の宜野座村はイチゴの里宣言をして多数の農家で摘み取り体験ができるそうです。
農家同士で連携しているのでイチゴが足りないということは無いそうです!
イチゴその2


以上、ざっくりとした番組内容の紹介でした!
沖縄県には温暖な気候をいかした珍しい果物が多いので食べ歩いてみるのも面白いと思います(^-^)

<< 前の記事